ようこそ ゲスト さん

倉敷から夢、発信「倉敷人」シリーズ16 平木康文

For you with Kurashiki

美しい品格とユニークな表情を併せ持つ、オリジナリティ溢れる木工家具。

CH-02 チェアー

春を迎え、あたたかい風が吹き始めた4月下旬。倉敷市二日市でオーダーメイドの家具・小物の制作を手がけている平木康文さんのHIRAKI furnitureを訪ねた。大学卒業後に木工作家としての道を歩むことを決断したという平木さん。持ち前の斬新なアイデアと鍛え抜かれた技術から生まれる机や椅子などの作品には、美しさの中にどこかユニークな一面が隠れており、木ならではの優しい手触りと、身体にしっかりと馴染むような使い心地を秘めている。「家具は空間を作るパーツのひとつに過ぎず、狭い世界なのでどうしても似通ってしまいがち。だからこそ、僕だけしか生み出せない作品を手がけるよう、常に心がけています」と平木さんは語る。その思いは作家活動当初から変わらず、自身が手がけた机にセットとなる椅子(CH-02)を制作する際には、納得がいく形が仕上がるまで7年もの歳月がかかったそうだ。

ベンチ

木目と彫加工が生んだ風合いを漂わせる表面に対して、車の塗装技術によるペイントを施した鮮やかな裏面。両極端な顔を持つ、先鋭的なデザイン。

そうしたモノづくりへの誠実な姿勢と技量が評価され、展示会・個展の開催や他イベントへの出展は年々増えた。2017年2月には一級家具製作技能士として第29回技能グランプリ家具部門の岡山県代表にも選ばれ、作家活動の幅を広げている。「今後は新たにショップサイトも立ち上げて、お客様により作品を見ていただける場を作りたいと思っています。そして、商品としてだけでなく、作品としてのモノづくりにこれからも変わらずに挑戦していきたいです」と尽きない作家活動への意欲を笑顔で語る平木さん。そんな彼のあたたかい人柄と力強い作家魂も、きっと作品達とともに多くの人へと届くのだろうと感じた。

History

木工家具作家
  • 平木康文(一級家具製作技能士・職業訓練指導員免許)
  • 1984年生まれ、岡山県倉敷市でオリジナルの家具・小物の制作・デザイン・修正を手がける。
  • シンプルでありながら品のあるテーブルとチェアは、まるで家具自身が空間を選ぶような命の宿った作品。
  • 「オリジナリティ溢れる自分自身らしい家具」を胸に作品づくりに励んでいる。

問合せ / HIRAKI furniture
岡山県倉敷市二日市16 Tel.086-436-6084
営業時間10:00~18:00(月曜~金曜)
不定休、駐車場あり

倉敷美観地区・倉敷駅周辺の飲食・雑貨店のご案内 | くらみせ