• お知らせ

漢方でくっすり眠ってみませんか?

豪雨により、被害に遭われた皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

 

今日は夏の睡眠障害について、中医学で考えてみたいと思います。

 

近年は猛暑が続くことにより高温多湿の熱帯夜が長く続きます。それに加えて、日中や夜間に大量の汗をかくことと、暑さのストレスで睡眠に大切な副交感神経の働きと親密な「心」の働きを支える「気」が汗と一緒に流失し、睡眠の低下につながってくるというわけです。

また、夢を多く見たり、夜中何度も起きてしまうなどの浅い眠りは、胃腸機能の低下による栄養状態の悪化が原因です。

 この負のスパイラルを断ち切ることが「良質な睡眠」が得られると考えています

 

 

イスクラ心脾顆粒 (生薬製剤)第二医薬品

 

良質な睡眠を生薬パワーでサポートします!!

溶けやすく、飲みやすいのでホット一息ついてぐっすり眠りましょう

症状などスタッフがじっくりお話をお伺いいたします。

お気軽にご相談下さい

 

ヒジヤ薬局

☎086-445-1935 

 

  • お知らせ

梅雨の時期に、中医学に学ぼう!

段々と暑苦しい季節がやってきました

夏になると、「夏バテ」と言われる症状で「胃腸障害」や食欲がない、体がだるい、など不調を訴える人が増えますね

夏バテだからと諦めないで、積極的な梅雨・夏対策を考えてみましょう!!

 

①水分の不足からくる症状

 夏は汗をよくかくので、体液も消耗されて、体内の気も一緒に流れてしまいます。

 

② 湿度が高い為に起こるトラブル

 消化器系は湿気が嫌いです。また夏は、冷たいものをとりがちなので、胃腸障害がおきやすくなります。

 

真夏の暑さが続くときは…

【イスクラ麦味参顆粒】

【効能・効果】次の場合の滋養強壮:虚弱体質、肉体疲労、病中病後、胃腸虚弱、食欲不振、血色不良、冷え性、発育期

■希望小売価格

 30包 4,560円(税抜)

 60包 8,250円(税抜)

 

梅雨時期の身体のだるさには…

【イスクラ勝湿顆粒】

【効能・効果】体力中等度以下のものの次の諸症:感冒、暑さによる食欲不振、急性胃腸炎、下痢、全身倦怠

■希望小売価格

12包 1,550円(税抜)

90包 8,740円(税抜)

 

体調に自信のない方は、ぜひ一度ご相談くださいませ!

 

症状などスタッフがじっくりお話をお伺いいたします。

 

ヒジヤ薬局

☎086-445-1935 

 

  • お知らせ

体調を崩しやすい今の季節におすすめ!!

最近は朝晩の気温にとても差がありますね

疲労がたまって体調を崩しがちな方もいらっしゃると思います。

 

そこで今回は、昔から長く愛用されている高貴な生薬牛黄(ごおう)」をご紹介いたしますexclamation x 2

牛黄末梢の赤血球の数を増やす働きや、抗酸化作用があるものと考えられています。

 

虚弱体質の方ストレスが多くイライラしがちなや、疲労がたまってきている方などに

一度お試しいただきたいお薬です。

 

ご興味のある方は、ぜひ一度ご相談くださいませ!

 

症状などスタッフがじっくりお話をお伺いいたします。

 

ヒジヤ薬局

☎086-445-1935 

  • お知らせ

漢方で体質改善! 強化!

ヒジヤ薬局では、ウイルス花粉に負けない“カラダ作り”を応援します

 

 

(効能・効果)身体虚弱で疲労しやすいものの諸症

虚弱体質・疲労倦怠感・ねあせ の方は

 

 

 

(効能・効果)

かぜによるのどの痛み口(のど)の乾きせき頭痛 の方は

 

家庭の“常備健康食品”としてオススメ!

 

体調不良の方漢方のことならヒジヤ薬局へご相談くださいうれしい顔

 

ヒジヤ薬局

☎086-445-1935 

 

 

  • お知らせ

春の漢方養生のお話

梅の香が漂ってくると、春の息吹を感じますね。

春は、自然界の陽気の上昇に従って体内の陽気の生長が促される季節です。春を元気に過ごすために、肝の機能を伸びやかにしておきましょう。

 

 

春の養生ポイント

早起きして、散歩体操をすることを心がける

・気血を補い、免疫力をアップさせる

肝(蔵血・解毒・自律神経のバランス)を健やかに保つ

 

春には、肝のケアが必要

 肝は、春の養生に深く関係します。植物の新芽が出て枝がのびのびと成長する姿は、自律神経のバランスを調節して体内の気の巡りをのびやかにさせる肝の働きと相通じるからです。

 

                  ※

【疏肝理気(そかんりき)

 ・益気養血(えっきようけつ)】食材がおすすめ

            ※肝の機能をのびのびとさせ、気のめぐりを良くすること。

春菊三つ葉、にら、みょうが、しそなどの香りのあるもの

しょうがねぎ、玉葱、にんにくなどの辛味野菜

ほうれん草菜の花、にんじん、えのき、しいたけなど

ハマグリ帆立貝牡蠣(かき)、シジミ、ニシン、サワラなどの魚介類

たらの芽ふきのとううど、ぜんまい、たけのこなどの山菜

いちごオレンジ、はっさく、枸杞の実、菊花など

 

朝の時間帯は1年でいうと春の季節に相当します。

朝食を抜いたり、冷たいものばかり摂ったりすると、

体内の陽気の上昇を妨げ、

めまい、だるさ、低体温を招く原因になります。

朝は温かいもの消化しやすいものを摂取するように心がけて、

元気に一日のスタートを切りましょう。

 

漢方のご相談はヒジヤ薬局へ

086-445-1935