地震や水害などの災害時。大人がパニックになる状況で、子どもの心はさらに不安定になります。普段から、非常時を意識した備えをしておきたいもの。今回は倉敷市保健所に、子育て世帯ならではの災害への備えを聞いてきました。

 

いざという時に備えて普段からできることは?

日ごろからご近所とコミュニケーションをはかり、顔見知りになっておくこと。「どこの家に、どんな子どもがいるか」をまわりの人に知っておいてもらうことは、緊急時に子どもの命を守ることにつながります。特に、子育て家庭同士のつながりは、災害時にはとても心強いものになりますよ。まずは親子クラブや地域のお祭りなどに、積極的に参加してみませんか。

 

 

 子育て家庭ならではの防災準備品は?

持ち出し用としては、粉ミルクや水、おむつなどの必需品のほか、「おやこ健康手帳」「お薬手帳」「保険証」「診察券」も忘れずに。また、災害はいつ発生するかわからないので、常に必要なものは、持ち歩くようにしておくことも大切です。

 一方、食品や生活用品の備蓄には「ローリングストック」という考え方がおすすめです。災害用として特別に確保するのではなく、普段食べているものなどを少し多めに買っておき、使ったらその分だけ補充していく。そうすれば、常に一定量の新しいものをストックできます。災害時でも普段と変わらない食事ができ、お子さまも安心しますよ。

 

 

倉敷市保健師支援チームが

熊本地震被災地で見たこと、感じたこと

 平成28年4月14日の熊本地震発生後、4月19日から5月31日まで、事務1人と保健師2~3人が1チームとなって10班体制を組み、交代で現地に派遣されました。主な目的は、避難所での健康相談や感染症予防活動。のちに理想的な避難所運営で有名になった、阿蘇郡西原村の河原小学校避難所を担当しました。そこでは、大きい子は自然に小さい子どもたちの面倒をみていました。また、健康観察で各家庭の避難スペースをまわっていると、その家の布団で、違う家の子がゴロゴロしているなど、平常時からの住民の結束のもと、子どもたちが落ち着いて過ごせていると感じました。大きな地震やその後の余震で不安を感じていても、なかなか「怖い」と表現できない子もいます。そんなときにこそ、この避難所のように、信頼できる大人のまなざしや支援が、とても大切になると思います。

 

 

▼詳しくはコチラから

 

 

「子育てするなら倉敷でといわれるまち」を目指して!

 (情報提供)倉敷市保健所 保健課
 
 
ドンブラっこ2017年冬号 より転載

 

 

<笑顔で子育てQ&A 〜 アドバイス一覧>

 

 

どんな親も、我が子が集団生活を送りやすい幼稚園に入園させてあげたい気持ちは一緒。

ここでは、子どもを育むためにより特化した取り組みを持つ園をご紹介します。

 

体験を通して得るものを大切に

「感性」という宝ものを子どもたちに届けたい。

 

生活のなかで「もの」「こと」に触れる体験を重ね、

命の大切さを感じる。

 

 全国でもめずらしい、国立大学の同窓会が創設した幼稚園として昭和50年に開園。以来、大切にしているのは「体験を通して学ぶ」ということです。子どもは、言葉ではわからなくても、体験するとストンと腑に落ちることがよくあります。そのために行事を多数行っており、その一つが米作りです。種籾の選別から籾まき、田植え、稲刈り、脱穀、籾すりなどを体験し、おにぎりパーティーも実施。加えて、育てた稲わらでしめ飾りも作り、子どもたちに自然の恵みを伝えています。また、特別養護老人ホームへの慰問を通して、命の尊さを感じるとともに、おじいちゃんおばあちゃんに感謝されることで、「自己有用感」も高めています。自分の存在が人を喜ばせることを知った子どもは、自分の命も人の命も粗末に扱うことはないでしょう。

 

         (左)年長さんによる田植え         (右)どんぐり探し「秋のぐりとぐら」 

 

「自分のことは自分で」という感覚を

早いうちから身につける。

 

 小学校入学を見据えて、基本的生活習慣の確立はもちろんのこと、「自分のことは自分でする」という習慣は、早くから身につけさせたいものですね。当園では、子どもの主体性を大切にし、自立を促す教育法の一つとして、「モンテッソーリ活動」を行っています。専任講師の指導のもと、自分の好きな教具(日常生活・感覚・言語・算数・文化)を選んで取り組み、自主性を育んでいます。結果として、小学校入学後も困らない「自分のことは自分でする」という感覚が身についているように思います。

    (左)「洗濯ごっこ」など、遊びのなかで生活体験     (右)作品展の魔法つかい

 

ドンブラっこ2017年冬号 より転載

 

<伸びる子育てどうしたらいいの?~倉敷市私立幼稚園の取組み一覧>

日々の生活のなかで、子どもの心は常に成長を続けています。親の何気ない言動が子どもの心に思わぬ影響を及ぼすことも。 「こんなとき、子どもにどう接すれば…?」そんなパパ&ママのお悩みに、保育園の先生におこたえいただきます!

 

商業施設のキッズスペースで、共有の遊具でうちの子が遊んでいると、ほかの子に「貸~し~て」と言われました。うちの子も遊び始めたばかりなのに。すぐに交代してあげるべきですか?

 

子どもの思いをくみ取って 納得しやすい声掛けをする

 

ドンブラっこ編集部(以下編集部) これは、読者の方からもよくお聞きしますね。無理やり奪い取るのではなく、きちんと「貸して」と声を掛けてくれているのに、断ってもいいのか、という…。保育園では、そんなとき、どう対処されるのですか?

 

大西園長先生(以下大西) 大切なのは、それぞれの子どもが納得することだと考えています。あとから来た子に、「〇〇ちゃんが使い始めたばかりだから、あと10数えるまで待ってね」「あと一周するまで待とうね」などと声掛けをします。すると、本当に使いたい子は待ちますし、そうでもないならほかの遊びにいきますよ。先に遊んでいた子も、自分の遊ぶ時間は確保されるので、納得しやすいと思います。

編集部 親の立場だと、トラブルを避けたくて、つい自分の子に「変わってあげなさい」と言ってしまいそうです。

 

大西 そうですね。でも、そうすると子どもには「お母さん(お父さん)がわかってくれなかった…」という思いが残ります。「やっと自分が遊べる番だったのに」と。まだうまく言葉を発することができない子どもでも、思いに共感し、代弁してあげることが大切ですね。逆の立場で、順番を待てずに泣いたり怒ったりしてしまう子どもにも、「貸してほしかったんだね。あのおもちゃで遊びたいんだね」と、まずは思いをくみ取ってあげる。そのうえで、「でも、お友だちが使い始めたばかりだから、〇〇まで待とうね」と話します。子どもは、自分の思いが通じることで安心しますし、その積み重ねで成長し、いずれ子どもたちだけで解決できるようになります。

 

「子どもも保護者も職員も共に育つ保育園」を理念に

 

編集部 笹沖保育園の特徴や、取り組みを教えてください。

 

大西 当園は、平成26年10月に開園し今年で4年目を迎える保育園です。地域との交流を深めていくうえでも、小学校との給食交流や、中・高・大学生のボランティアなどを積極的に受け入れ、子どもたちに、人との出会いの場をつくっています。また、成功・失敗を含めて多くの体験をすることを重視しており、おやつを数えて取り分けたり、文字カードを見ながらお手紙ごっこをしたり。「あそび」を通して数量・図形・文字などへの興味を深めています。

編集部 大切にしていることを教えてください。

 

大西 乳幼児期には、子どもの心が落ち着く物的・人的環境を確保することを大切にしています。「〇〇してはだめだよ」と言われてばかりなのと、「〇〇はどうなっているのかな? 興味があるんだね」という眼差しや声掛けがあるのとでは、子どもの興味や関心の育ちに違いが出ます。そういう面からも、保育士は子どもの人格形成上、大きな影響を与える存在ですが、日々、園児たちから学ぶことも多いですね。今後も、子どもたちの健やかな成長を願い、保護者と手を取り助け合っていきたいと考えています。

 

 

ドンブラっこ2017年冬号 より転載

 

<おしえて、子どもの心の育て方〜倉敷市私立保育園の先生からアドバイス一覧>

 

岡山県内には子育て支援団体がいくつもあり、活発に活動しています。

取り組み内容を知って、ぜひ積極的に参加してみませんか?

悩み多き子育て期を笑顔で過ごすヒントが見つかるかも。

 

 

お話を聞いたのは……

「特定非営利活動法人 ファミリーステップ」

代表理事 竹内 要さん

 

忙しいママに、子どもとの 「時間」をプレゼントしたい。

 主な活動は、コミュニティカフェ「Bamboo Cafe」と、月2回開催する「みんなの食堂」の運営です。「Bamboo Cafe」は、もとは普通の民家だったこともあり、「ママ友の家みたい!」と、たくさんの人たちが訪れてくれています。「ここでご飯を食べる方が、家事を気にしなくていい分、子どもと向き合える」と話してくれる人もいますよ。「みんなの食堂」では、寄付していただいた食材で、ボランティアさんと一緒に夕食を作って提供しています。近所の学童の子どもたちや学童以外の親子など、大勢でワイワイ食事しています。めざしているのは、ママの「時間的貧困」の解消。忙しいママが、月に2回でも、お子さまとゆっくり夕食をとれたらと願ってスタートしました。にぎやかな食事を楽しみに、地域の方々も集まってきてくれますよ。

 

▲約50人のボランティアの手で民家をカフェに改装。 ここでお友だち同士になるママも多数

 

キッズスペースを併設  授乳室も設置   子どものペースに合わせてゆっくり食事

 子どもにも食べやすい、おうちごはん風のメニュー

開店日/毎週火曜、第1・3水曜

時間/11:00〜15:00

※貸し切りの場合は応相談

 

 

▲左/ボランティアには、高校生や大学生が来てくれることもあるそう

 右/当日のメニューを事前に告知し、食材の寄付を募る

   参加した子どもから寄せられた声

実施日/第1・3水曜

時間/17:00〜20:00(食事は18:00〜)

料金/高校生まで300円、大人500円

 

 

「みんなの食堂」のボランティアスタッフを募集中。

短い時間でも、お手伝いしてくださるとうれしいです。

メニューはFacebookで事前にお知らせしますので、食材の寄付もお待ちしています。

「みんなの食堂」に食事に来られる方は、事前にご連絡くださいね。当日でもOKです♪

 

 

特定非営利活動法人 ファミリーステップ

○ひとり親と子育て中のお母さん、働くお母さんの支援

⃝コミュニティカフェ「Bamboo Cafe」運営
⃝孤独な食事をなくす取り組み「みんなの食堂」運営
https://www.facebook.com/BambooCafe.FS/(Bamboo Cafe)
https://www.facebook.com/famirystep/(ファミリーステップ)
倉敷市福田町古新田802-11

086-451-5920

 

編集者の目線
「Bamboo Cafe」で出会った親子のくつろいだ様子がステキでした。
子どもが多少騒いでも気兼ねなく過ごせる場所は貴重ですよね。
「ママの時間的貧困の解消」というワードも目からウロコでした。
 
 
ドンブラっこ2017年冬号 より転載
 
 
 
 

岡山市北区辰巳のトレーニングジム「ボディ&バランス」で、

ファスティングメニューがスタート!

メニューを体験した、モデルのはるかさんにさっそくインタビューしてきました。

 

Q.当初のファスティングに対するイメージは?

以前から興味はあったのですが、「絶食」のイメージが強くて。食べることが好きで、友人との外食の機会も多い私にはとてもムリ、耐えられないと。でも、せっかくの機会だから…と思い、9月11日~17日の7日間、チャレンジすることにしました。

 

Q.ファスティング中、ツラかったことは?

想像していたのと違って、ツライということはあまりなかったですね。敢えて言うならはじめの2日間でしょうか。準備期として「マゴワヤサシイ」を基本とした和食を3食とるのですが、前日までは普通に食べていたので、やっぱり空腹感が…。でも、3~5日目のファスティング期に入ると、酵素ドリンクだけで満足感があり、空腹は感じませんでした。体が慣れてきたのでしょうね。酵素ドリンクが、ちょっと酸味のあるフルーツ味で、飲みやすかったのにも助けられました。

マゴワヤサシイ…マメ類、ゴマ、ワカメ類、ヤサイ、サカナ、シイタケなど、イモ類

 

Q.ファスティング中は、どんな生活を?

普段通りです。仕事にも行っていましたよ。仕事中、「お腹が空いて動けない…」なんてことは全くなくて、体が軽く感じたり、なぜか研ぎ澄まされたような感覚で集中力が上がったり。いつもよりテキパキ動けたのには驚きました。

 

Q.7日間を終え、体の変化は?

まず体重が2kg減。それより驚いたのは、お腹や二の腕がスッキリしたこと!特に二の腕は、キツイ運動をしても落ちにくいので、「何が起こったの?」って感じでした。あとはお通じがよくなったり、肌がキレイになったり。体の中から悪いものが出ていったのでしょうね。今は普段の食生活に戻ったのですが、必要なときに必要な分だけ食べると、それだけで満足できるようになりました。以前は、口寂しくてつい食べていたのですが…。ジムの方から言われた「ファスティングの目的は体質改善。ダイエット効果はその副産物」という意味を実感しました。

 

Q.挫折しなかったポイントは?

「ツライ」という感覚がないので、挫折しようがなかったです(笑)。でも、ファスティング中、毎日ラインでジムの方とやりとりするのは心強かったですね。マンツーマンで支えてくれることが、本当に励みになりました。ファスティング終了後に2回受けられる、30分のパーソナルトレーニングも楽しみで。個人個人に合わせてメニューを組んでくれる点も安心でした。体の内側と外側からキレイになっていく感覚が最高に気持ちよかったです!

 トレーナーにマンツーマン指導を受けながら頑張っている はるかさん

 

 

お問い合わせ

ボディ&バランス

岡山市北区辰巳421-1

086-230-6641

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

リビングおかやま(9月30日号)に紹介記事が掲載されているボディ&バランスさん。

辰巳にあるフィットネスジムは、2号線バイパスからすぐなので、

倉敷からクルマで通うのにとても便利な立地なんです。

お子さんが幼稚園や小学校に行っている昼間などの時間を、有効活用できますよ。

今なら、19,800円で体験できるおトクな特別プログラムもあるので、

「やってみたい♪」と思ったらまずはお電話を!

(お問い合せの際に「donbla.を見た」と言っていただけるとスムーズです♥︎)