どんな親も、我が子が集団生活を送りやすい幼稚園に入園させてあげたい気持ちは一緒。

ここでは、子どもを育むためにより特化した取組みを持つ園をご紹介します。

 

恵まれた自然環境のなか

たくましい行動力を養い、豊かな感性を育む。

 

安心して登園を再開するために

生活リズムを整え笑顔で声掛けを。

 

 長かった夏休みが終わった時期の子どもたちは、登園をしぶったり、朝になると体調不良を訴えたりするなどの退行現象を起こすことがあります。そんなときはまず、早寝早起きを心がけ、さわやかに朝を迎えられるようにしてあげてください。生活リズムが整ってくれば、園でも元気に遊ぶようになります。登園の際には、心配している様子をあまり見せずに、子どもをギュッと抱きしめて安心させたうえで、「楽しく遊んできてね」という気持ちで送り出してほしいですね。教員側も園児一人ひとりのペースでリズムを取り戻せるよう「明日も先生、お部屋の前で○○ちゃんが来るのを待ってるね」など、笑顔で声掛けをしています。

 

 

   (左)小川が流れる砂場

   (右)本物の木に触れながら木登り遊びに夢中

 

身体で覚える楽しい英語教育と

茶道を通して学ぶ礼儀作法。

 

 当園は、登って遊べる大きな木が園庭にあるなど、緑に恵まれた環境にあります。子どもたちには、のびのびと遊べる広い空間のなかで、自分たちで遊びを作り出すたくましさや、体力、意欲を身につけてほしいですね。

 

 また、「これからの時代に必須となる英語を、吸収力のある幼児期のうちに自然と身につけられたら」との思いから、”えいごリトミック“に取り組んでいます。英語と音楽のハーモニーのなかでのレッスンは園児にも人気で、少しずつ普段の会話で英語を使えるようになってきました。 そのほか、年長組は月2回茶道に取り組み、立ち居振る舞いや礼儀作法を学んでいます。その影響か、登園時に立ち止まって、目を見てあいさつができる園児が増えたと実感しています。

    (左)外国人講師とリトミック講師が楽しくレッスン

    (右)お茶とお菓子も楽しみのひとつ

 

ドンブラっこ2017年秋号 より転載

 

<伸びる子育てどうしたらいいの?~倉敷市私立幼稚園の取組み一覧>

“子育てに悩みはつきもの”とは言うものの、不安や心配を抱えるパパ・ママも多いはず。

そこで、悩みを軽減し、楽しく子育てできるように、子育て支援団体から育児についてアドバイスをいただきました! 

 

 

お話を聞いたのは……

「NPO法人子育て応援ナビ ぽっかぽか」

みんなの広場・ぽっかぽか 専務理事 田口陽子さん

 

0歳から就園までの親子がともに育ち、

よりよい関係を築いていける交流の場。

 

 私たちが運営する『みんなの広場・ぽっかぽか』は地域子育て支援拠点として倉敷市から委託を受けた親子の居場所です。0歳から就園前の親子が遊び、お母さん同士の情報交換や悩みの相談ができます。 『ぽっかぽか』ではお母さん同士をつないだり、一人ひとりの話に耳を傾けたりと、その場の状況に合わせてお母さん方に寄り添いながらサポートします。 9年前、『ぽっかぽか』を友人たちと一緒に立ち上げるきっかけをくれたのは、高校生の時に不登校になった息子と佐々木正美先生です。 学校に行くことを当たり前だと思っていた私には、息子の不登校は家族だけでは越えられない壁に思えました。そんな時に佐々木先生と出会い、川崎医療福祉大学で先生の講義を聴講する中で、子どもの発達や子どもとの向き合い方を学びました。 7年間の学びを通じて、私は自分の都合で子どもを育てようとして、「子どもがどう思っているのか」には本気で向き合えていなかったことに気づきました。 最も大切な時期は乳幼児期だと身をもって感じたことで、「乳幼児期から子どもの視点に立って子育てすることがいかに大切かを、育児に奮闘するお母さんたちに伝えたい」、「お母さんた ちが一人で頑張らなくても良いように、子どもがいくつになってもお母さんたちの心のよりどころとなる場所を作りたい」と思いました。お母さんの笑顔は子どもたちを笑顔にすると信じています。

 

▲0歳、1歳の赤ちゃんと保護者でまったりとお話しする「0+1(ぜろいち)タイム」

※毎週木曜日開催。素敵な出会いや発見がきっとある。妊婦の参加もOK。

 

 

頑張っているお父さんが自信を持って

子育てできる後押しを!

 

 広場には、体調不良や用事で出かけたお母さんに代わって、お父さんも子どもたちと一緒に来られます。育児も家事もお母さんにかなわないかもしれませんが、『ぽっかぽか』からは「ありがとう!」を伝えます。 パパのために年3回程度「パパウエルカムデー」を土曜日に開催しますので、ホームページ等で見かけたら遊びに来てくださいね!

 

 

▲左/幼稚園で好評だったパパウェルカムデーを、「みんなの広場・ぽっかぽか」でも開催。

   パパはもちろんおじいちゃん、おばあちゃんも気軽に参加できる。  

 右/「0+1タイム」は赤ちゃん達も大はしゃぎ

 

NPO法人 子育て応援ナビぽっかぽか

専務理事 田口陽子さん

子どもの発達段階に応じた関わり方などを学びながら、社会福祉士の資格も取得。行政や児童施設と連携し、子どもが健やかに成長していく地域社会の確立を目指す

 
ドンブラっこ2017年夏号 より転載
 
 
 
 

家族の笑顔はお母さんが元気であってこそ。健康を維持するためには、病気の芽を早期に発見することが重要です。健やかで美しく生きるために、自分のからだをケアしてあげましょう!

今回は、倉敷市で実施している〝けんしん〟や乳がんの自己触診等についての情報をお伝えします。

 

倉敷市の女性が対象の〝けんしん〟は どのようなものがありますか?

各地域で、年齢に応じたさまざまなけんしんが実施されています。病気を早期に発見するために、医療機関や市が実施するけんしんを上手に役立ててほしいと思います。 倉敷市では平成29年6月からけんしんを実施しています。女性の場合、5月末に20歳以上(平成29年度中に達する年齢)の人へ「けんしん受診券」を送付しています。 女性の一般健診は平成30年1月末まで、乳がん・子宮頸がん検診は平成30年3月末まで受診することができます。けんしんの日程、受診方法、実施医療機関などの詳細は、広報くらしき6月号と同時配布の「倉敷けんしんガイド」に記載しています。(左下のQRコードから確認可能)

 

 

子宮頸がん検診を受けた方が いいですか?

子宮頸がんは20代から増加し、30~40代でピークを迎えます。子宮頸がんは自覚症状があまりないと言われているため、万が一発病してしまった場合でも早期発見ができるよう、定期的に検診を受けましょう。また、気になる症状が少しでもある場合は、検診を待たずに医療機関を受診しましょう。

 

 

誰でも簡単に乳がんの自己触診ができるのですか?

日本人の女性が生涯で乳がんにかかる割合は、10年前は「20人に1人」でしたが、現在は「11人に1人」といわれ、増加の一途をたどっています。乳がんは他のがんと違って、家庭や職場、社会で多くの役割を担う30代以降の女性が発がんする傾向にあります。 忙しい毎日を過ごす人も、自分自身のケアをする時間を作っていただきたいです。乳がんは自分で発見できるがんと言われています。自己触診であれば多忙なママでも生活に取り入れやすく簡単ですので、ぜひ覚えてやってみてくださいね。

 

 

 

 

 

■お問い合せ■

倉敷市保健所 健康増進センター

倉敷市笹沖170

☎086-434-9866

 

 

 

▼けんしんについて詳しくはコチラ▼

 

 

 

「子育てするなら倉敷でといわれるまち」を目指して!

 (情報提供)倉敷市保健所 健康づくり課
 
 
ドンブラっこ2017年夏号 より転載

 

 

<笑顔で子育てQ&A 〜 アドバイス一覧>

 

日々の生活の中で、子どもの心は常に成長を続けています。

豊かな心を育むために親ができることは何か。子どもをよく見ている保育園の先生にお話をお聞きしました。

 

どうしたら向上心(やる気)のある子どもが育ちますか?

子どもの個性を“認めてあげること”がとにかく大切。

 

 〝子どもの心を育てる〟という言葉を最近よく耳にしますが、〝心〟とはそもそも身体のどこにあるのでしょうか? 悲しいと痛む胸の中でしょうか? それは脳の中の「前頭葉」が感情を司っていると、脳科学の世界では言われています。やる気や意欲、社会性の発育に大きく影響する「前頭葉」の発達は、保育の世界でも特に重要視されています。

 

 では、どうすれば発達を促すことができるか。答えは〝褒めて育てること〟。幼児期にしっかりと褒められて育った子は自己肯定感が強く、意欲的で社会性が発達した子に成長します。逆に叱られてばかりで育った子は、自信が無く、やる気の低い子へと成長する傾向にあります。

 

 このような話をすると、「そんなに褒めることが見当たらない」という親御さんが多々います。そんな方には、〝褒める〟=〝認める〟と置き換えてくださいと、アドバイスをしています。例えば保育園に毎日通園すること。大人からすれば当たり前のことで〝褒める〟対象ではありませんが、〝認める〟に視点を変えると、朝起きて、準備して、迎えの時間まで集団のルールに従って生活する…。小さな子にとって決して当たり前ではなく、十分褒めるに値することだと気付きます。

 

 「今日も頑張ったね」と声をかけ、その日の出来事に耳を傾けてあげてください。しっかりと自分の子を認め、子どもの一番の理解者になってあげてください。

 

保育園での取り組み

 当園では、子ども一人ひとりのリズムに合わせた保育を行っています。各家庭によって食事の時間、昼寝の時間は異なります。幼い子にとって、そうした生活の基本的なリズムが変わることは大変なこと。大人の都合やルールで、我慢を強いることではないとの方針から、昼食時間は、11時、11時30分、12時の3つのグループに分けています。家庭と同じリズムで生活できることで、子どもは安心して通園することができます。

 

 3歳からは、特に「遊び」に力を注いでいます。月替わりのテーマを設け、学習に繋げる工夫を施しています。「交通」をテーマにした際は、パトカーのシルエットを見せたり、交通に関する本を取り揃えたりと、 子どもたちが自由な発想で主体的に遊べるような環境作りに重点を置いた遊びの場を提供しています。ほかに「家族」や「植物」など、成長段階に合わせた多様なテーマを決めていますが、最も心掛けていることは、大人側からの押し付けにならないこと。 あくまで主役は子どもです。遊びを通じて子ども独自のルール作りや、協調性、社会性を身に付け、子どもたちがいかにスムーズに小学校生活へと入っていけるかを、保育の最終目標に据えた特徴ある保育を実践しています。

 

 

 

ドンブラっこ2017年夏号 より転載

 

<おしえて、子どもの心の育て方〜倉敷市私立保育園の先生からアドバイス一覧>

 

 

どんな親も、我が子が集団生活を送りやすい幼稚園に入園させてあげたい気持ちは一緒。

ここでは、子どもを育むためにより特化した取組みを持つ園をご紹介します。

子ども一人ひとりの可能性を引き出し、

豊かな人生の基盤を作るモンテッソーリ教育。

 

人生を豊かにする人間力を

モンテッソーリ教育で育む。

 

 多様化する社会を生き抜くためには、自分で考え、判断し、行動できること。そして周囲の人や社会と良好な関係を築いていける人間力が大切です。

 

 その基盤を幼児期にしっかり築くため、当園ではモンテッソーリ教育に取り組んでいます。これは園児が自発的に行動できるよう環境を整え、 興味のあることに自由に取り組みながら自立していくことを目指した教育法です。教員は園児が求めている支援を必要に応じて提供する〝援助者〟という立場で、 園児が主体の行動を尊重しております。クラスは異年齢が混合された縦割り編成で、年下の子を思いやる気持ちや、目上の人を敬う心が自然に育まれる環境にあります。

   (左)興味のある「おしごと」は楽しい!

   (右)年長さんが年少さんの着替えをお手伝い。

 

時間がたっぷりある夏休みは、

子どもの自立を促すチャンス。

 

 子どもは自ら成長する力をもっています。その成長の芽を育んでいくためには、大人が「ああしましょう、 こうしましょう」と先回りをして指導するよりも、子どもが自ら気づき、考え、自分の意思で行動に移すことが大切です。時間に余裕のある夏休みは、子どもが自分のペースで最後まで物事に取り組むことのできる絶好の機会。 夏休み中は子どもが主体の生活をぜひ心がけてください。自分で着替える、自分で決めた手伝いを毎日するなど、基本的なことでよいのです。つい手や口を出したくなりますが、見守ってくださいね。

 

 子どもは、自分で決めたことはやり遂げます。自分で気づいた失敗からは、多くのことを学びます。この経験を積み重ねていくことで主体性のある人間へと自立し、人生をしっかり歩んでいけるようになるのです。

    子どもが使いやすいサイズの道具を揃えておくことで、

    自発的に行動できるようになります。

 

ドンブラっこ2017年夏号 より転載

 

<伸びる子育てどうしたらいいの?~倉敷市私立幼稚園の取組み一覧>