ノリノリの音楽に合わせて

HIP HOPダンスにチャレンジ!

 柔軟体操が終わると、音楽に合わせてステップの練習。生徒さんたちに倣い、ゆうき君も見よう見まねでステップを踏みます。ヒップホップ特有のリズムのとり方に、始めは少し戸惑い気味だったゆうき君。でも、楽しい雰囲気のなか、お友だちがコツを教えてくれ、みるみる笑顔に。この日は、目前に迫った発表会の練習がメイン。みんなの元気なダンスを見学しながら、音楽に合わせて体を動かしていました。

 

3つのスクールでレッスンを体験。コーチや生徒さんに温かく接していただき、ゆうき君もうれしそうでした。やはり、好きなことをしている子どもさんは、自信に満ちキラキラしていますね。未経験のゆうき君に、やさしく教えてくれる子どもさんが多く、習いごとでお友だちが増えることを実感しました。コーチのみなさま、生徒のみなさま、本当にありがとうございました。

 

 

♪♪体験レッスンレポートをしてくれたゆうき君♪♪

こちらの彼の勇姿も見てくださいね♪

【気になる習いごと 体験レッスンレポート(1)】テニス 

【気になる習いごと 体験レッスンレポート(2)】剣道

 

道着や防具を身につけて「面!」
初めて尽くしに大コーフン。

最初に、全員で正座して手をつき先生方にごあいさつ。礼儀を重んじる武道だけに、清々しい雰囲気です。稽古が始まると、未経験のゆうき君に先生がついてくださり、すり足や、タイヤの打ち込み台を使った練習、面打ち練習などを体験。道着や防具も身につけ、テンションが上がったゆうき君、「面!」の声にも力がこもります。先生方のやさしい指導で興味をもったのか、最後には「剣道始めたい!」の一言も。

 

 

♪♪体験レッスンレポートをしてくれたゆうき君♪♪

こちらの彼の勇姿も見てくださいね♪

【気になる習いごと 体験レッスンレポート(1)】テニス 

【気になる習いごと 体験レッスンレポート(3)】ダンス

 

「楽しい!」というキモチを大切に、
まずはボールに慣れるところから。

準備運動のあとは、コーチとのキャッチボール。1バウンドやゴロのボールをキャッチしたり、2個同時にキャッチしたりと、ボール遊び感覚で体を動かします。ボールに十分に慣れたら、いよいよラケットの登場。以前からテニスに興味があったゆうき君、持ち方や振り方をコーチに教えてもらってうれしそうです。コーチに軽く投げてもらったボールを打ったり、特別に、コートに入ってコーチと打ち合いをさせてもらったり。「上手上手、その調子♪」と、コーチが常にやさしく声掛けをしてくれるので、レッスン前の緊張の表情はどこへやら、すっかりリラックスして楽しんでいました。

 

 

♪♪体験レッスンレポートをしてくれたゆうき君♪♪

こちらの彼の勇姿も見てくださいね♪

【気になる習いごと 体験レッスンレポート(2)】剣道 

【気になる習いごと 体験レッスンレポート(3)】ダンス

 

メイクレッスンアーティストの村上妙香さん。倉敷在住ながら、全国規模で活躍する村上さんに、子育てしながら夢を育む秘けつや、人の輪の広げ方などをうかがいました。何かにチャレンジしたくなるこの季節、一歩踏み出してみませんか。

 

Profile

村上 妙香(むらかみ たえこ)さん

TAEKO MAGICメイクレッスンアカデミー代表

1972年生まれ。倉敷市在住。化粧品販売の仕事を経て38歳でメイクの道へ。

マジックのように若々しく返信できる「TAEKO MAGICメイク」レッスンをスタート。以来、イベントを含め、1万人以上にメイクレクチャーを行う人気アーティストに。昨夏の著者出版を機に、全国から生徒が集まっている。

 

 

思いを発信してチャンスをつかむ

以前は、メイクの仕事に就くなんて思っていませんでした。15年間ほど基礎化粧品の販売をしていたのですが、仕上げにお客さまにメイクするのも苦手で。でもある日たまたま上手にでき、とても喜ばれたんです。「こんなに人に喜んでもらえるなんて」と感激したことが、メイクを仕事にと意識したきっかけです。そこから大阪のメイクの師匠のもとに通い、技術を身につけました。

 

メイクレッスンの仕事は、美容師さんやエステ関係の方など、女性が関わる職種とコラボしやすく、ビジネス的な広がりがもてます。私は普段から「次はこんなことをしたい」とアイデアが浮かぶタイプなのですが、具体的に目標を描いておくことで、何かの折に「こういうことをしたい」と発信しやすくなり、カタチになっていきます。高島屋さんでのメイクショーや、以前から夢だった書籍出版も、そうして実現してきました。

 

 

考え過ぎる前に挑戦することも大切

2人の子どもたちはいま、大学生と高校生。次男がお腹にいるときにも、基礎化粧品販売の仕事に熱中していたくらい、子育て中もずっと仕事をしていました。忙しかったですが、個人的には「お母さんが完ぺきである必要はない」と思っていて……。「できるときに、できることをしよう」くらいに考えていたんです。おいしいご飯があれば子どもは育つだろうと、料理に力を入れたくらいですね。そんなふうだから、子どもたちはたくましく育ってくれました。

 

振り返ってみると、子育てを理由に諦めたことは、ほとんどないかもしれないですね。やりたいことがあるならやってみる。考えすぎると動けないので、まず挑戦する。失敗したらやめたらいい、そんな積み重ねが、今につながっていると思います。やりたいことをやっていると楽しいし、本気になりますよね。すると本気の人とつながり、輪が広がっていくんです。……まぁ、明らかに失敗することが見えている場には、撤退も必要ですが(笑)。もしも、今すぐに挑戦できない状況にあるなら、あれこれイメージしながら準備し、「こんなことをしたい」と口にするだけでも違うと思いますよ。

 

人の思いは人のもの。割り切って付き合う

この仕事をするようになり、人との関わりは増えました。誰かと接するときに、私が気をつけているのは「人の思いは人のもの」ということ。自分が発信したことが、人に伝わった瞬間にどう捉えられようと、それは私がどうにかできることではないんですよね。よい意味で割り切る。こだわらない。人のことを気にし過ぎるよりも、自分の中を満たしていく。そういったことも学びました。新しい季節を迎え、また新たな出会いがあるかと思いますが、これからも人との出会いを自分流に楽しみたいと思います。

 

 

 

春は出会いの季節

第一印象UPのメイクアドバイス

全体的に落ち着いた色味を選びがちですが、どうしてもくすみやすくなります。目元は落ち着いた色でOKですが、チークやリップは、いつもより1〜2トーン明るい色を選びましょう。チークは省略する方も多いですが血色よく見えキュートさも演出できるので、ぜひつけて欲しいですね。また、新色を取り入れるならリップがおすすめ。トレンドを取り入れるとやはりあか抜けてくるので、これからの季節は特にチャレンジして欲しいですね。

 

取材を終えて

実は村上さん、この「ドンブラっこ」を発行している株式会社リショウに在籍されていたことがあるんです。当時はまだ長男さんも小さく、育児で忙しいころ。でも、時間がないからこそ、どんな仕事も集中して手際よくこなされていました。まだ独身だった私が、「一緒に働くなら、主婦・ママがいいなぁ」と思うようになったきっかけの方です。いまの華々しいご活躍、さすがの一言です!

 

お問い合せ先

プライベートメイクレッスン、

プロ養成コースなどを多彩に設置。

TAEKO MAGIC

メイクレッスンアカデミー

(岡山市北区内山下)

TEL 086-424-9655

MAIL dewdrop@taeko-magic.com

HP http://taeko-magic.com/

 

読者プレゼント

昨年夏に出版された、村上妙香さんの初の著作「“好き”を一歩踏み出そう『メイクを教える』仕事で独立する方法」のサイン本を2名様にプレゼント。メイクレッスンを仕事にしたい人はもちろん、営業や販売に携わる人にも、ビジネス書としてぜひ読んで欲しい1冊です。

※読者プレゼントの詳細はこちらをご参照ください

遊具にアスレチック、お花見まで。

みんなで楽しめる、市内屈指の大規模公園。

 

今回からスタートするこのコーナーでは、子どもと一緒に出掛けたい公園をご紹介。

第1回は桜の名所としても知られる「種松山公園西園地」です。

 

標高258mの種松山の山頂付近にあり、水島興業地帯を一望できるなど、抜群の眺望が見どころのひとつ。公園内には、「ちびっこ広場」のほか、15種類のアスレチック遊具を配置した「冒険の森」もあり、お兄ちゃん、お姉ちゃんが一緒でも思いきり楽しめます。梅、桜、つつじ、藤、あじさいなど季節の花々も楽しめ、特にこれからの季節はお花見スポットとしてもおすすめ。家族やお友だちと大勢出かけてみませんか。

 

たっぷり楽しみたい日の公園遊びには、ぜひお弁当を。簡単&リーズナブルにすませるなら、現地で完成させる「ゆる弁」系がおすすめ。家にある食材を持って出かけ、現地で混ぜ合わせるだけのサラダうどんや、パンや具材をその場で組み合わせるセルフサンドイッチなら、負担がなく準備できますよ。