9月にオープンしたばかりの親子パン教室「Peek a boo! 倉敷教室」。1歳3カ月の長男・凜久(りく)くんを育てながら、自宅にてパン教室をオープンした大橋ありささんに、オープンにいたった背景や、パン教室への思いをうかがいました。

Profile

大橋 ありさ さん

1988年11月生まれ、愛媛県出身。6年間看護師として勤めたのち、妊娠を機に退職。2018年9月、全国展開中の親子パン教室「Peek a boo!」において、岡山初上陸となる倉敷教室を自宅にてオープン

 

 

生きがいをもって輝く姿を 子どもにも見せたい。

妊娠を機に退職するまでは、看護師として働いていました。やりがいのある仕事でしたが、両方の実家が遠いなか、 子どもを育てながら、夜勤のある仕事を続けるのは難しいと考え退職。出産後は、家で子どもとふたりの時間を楽しんでいました。でも、育児に慣れてくると、だんだん社会から切り離されていると感じるように。それまで過ごしていた、忙しいながらも充実した日々とのギャップが大き過ぎたのかもしれません。このまま子育てだけに没頭していたら、子どもが巣立ったあと、生きがいを見失うのではないか…。母親や妻としてではなく、個人として生きがいや、やりがいをもつために、仕事を始めたい。次第にそう考えるようになりました。子育てを理由に何かをあきらめるのではなく、子育て中だからこそ、目標に向かって挑戦する姿を子どもに見せたかったのです。問題は、何を始めるか。私にとって最も大切なのは子どもなので、子どもと離れずに家でできること。そしてどうせなら、自分が好きなこと、楽しめることを仕事にしたいと考えました。

 

 

子どもが寝ている間に 養成講座を受講。

独身時代、私はパン教室に通っていました。そのときは趣味程度でしたが、「好きなこと」を考えたときに浮かんだのがパン作り。それも、作るだけではなく、人にあげて喜んでもらうのが好きだったことを思い出したのです。パン作りを通して、人に喜んでもらいたい。そんな思いが強くなり、自宅でパン教室を開くことを考えるようになりました。

 

パン作りを習っていたとはいえ、専門知識があるわけではなく、また、経営についても何も知らないので、ネットでの情報収集からスタート。そこで、フランチャイズ教室を募集していた親子パン教室「Peek a boo!」を見つけたのです。 まずは、「子どもを幸せにできるパン作り」という考え方に強く共感。加えて、オープン前の養成講座を本部教室まで出向かず自宅で受講できたり、パン作り以外に経営面や集客面でのノウハウを伝授してもらえたりと、私が求めていたことが詰まっていました。応募を決めるまでに、長くはかかりませんでしたね。夫からの反対はまったくなくて、「無理せずに、今の生活がより楽しくなるようにしたらいいよ」と言ってもらえたのも、心強く感じました。

 

オープン前の養成講座は6カ月間受講。子どもが生後半年で始めたので、時間の確保が大変でした。子どもが起きている間は、子どもにしっかり向き合うと決めていたので、課題のパン作りに取り組むのは早朝。夜泣きがあったものの、明け方にはぐっすり眠ってくれたので、朝5時から作っていました。子どもが起きてしまったときには、おんぶしながら作業ということもありましたね。

 

 

子育て真っ最中の 今だからできること。

「こんなに小さい子がいて、よく始めようと思いましたね、大変でしょう?」と、よく言われます。でも、今だから良かった面もあると思うのです。自宅に来た知らない人たちと、私が楽しくコミュニケーションをとっている姿を子どもに見せること で、「人ってこわくないんだな」と感じてほしい。また、お母さんに連れられて来た子どもたちとのふれ合いは、よい刺激になるでしょう。

 

もちろん、思うようにならないこともあります。「仕事だからきちんと取り組みたい」と思うのに、子どもが泣いたりぐずったり。おんぶしても機嫌が直らないときなど、「どうしよう」と焦ってしまいますね。仕事に集中したいからと、子どもが二の次になるのは、私にとっては本末転倒なので。だからこそ、休日など「今日は集中してレッスン準備をしたい」というときに協力してくれる夫には、とても感謝しています。代わりに、夫の趣味であるバスケットボールの時間確保には、私もしっかり協力していますよ(笑)。

 

 

 

パン作りを通して 家族みんなを笑顔にしたい。

お母さんといっしょに教室に来てくれたお子さまには、興味があるようなら、パン作りに積極的に参加してもらっています。大切にしたいのは、できばえよりも「自分でやった」という達成感。パン作りの時間が楽しいものになるように、教室ではネガティブな言葉は使わないようにしています。

 

私の母は、お菓子作りがとても上手です。子どものころは、手作りのお菓子をバザーに出品したり、部活に差し入れてくれたり。そんな母がとても自慢だったことをよく覚えています。パンやお菓子を作るのって、やはり特別感がありますよね。子どものころに、お母さんと一緒にパンを作ったこと。上手にできるとほめてくれたこと。お母さんが作ったパンを人にあげると「わぁ~、すごい!」と喜ばれ、誇らしかったこと。そんな思い出の数々が、きっと親子の絆を深めてくれると思っています。パン作りを通して、家族の笑顔が増える。そんなお手伝いをこれからもしていきたいですね。そして私自身、いつか子どもと一緒にパン作りをするのを楽しみにしています。

 

 

 

子連れで行けるパン教室で、0歳から小学生までのお子さまがいっしょに参加できます。お子さまがぐずったら、おんぶしながらコネコネ…なんてことも可能。ママひとりや妊婦さんの参加もOKです。「Peek a boo!」には、カエルパン、うさぎパン、ハリネズミパンなど、オリジナルパンがいっぱい。大人も子どもも「わ〜!」と驚くパンができちゃいますよ。

 

親子パン教室

「PeeK a boo!」倉敷教室

お問い合せ先:090-2786-5747

 

詳しくはブログ【岡山・倉敷 親子パン教室「Peek a boo!」】ご確認ください。

 

・「絵本の中のパン作り」と「家族で食べるパン作り」の2コースがあります。

・気軽に参加できる単発レッスンです。(コース受講ではありません)

・女性+お子さま限定なので、授乳時にも安心です。

 

 

 

ドンブラっこ 2018年秋号(vol.11)より転載

バードウォッチングもできる

自然共生がテーマの公園。

 

キビシイ暑さの続いた夏が去り、公園遊びの楽しい季節になりました。

今回は、玉島にあり、遊具遊び+自然観察もできる「溜川公園」をご紹介します。

 

 

 

「人と自然が共生する環境づくり」をテーマにした公園。「水辺ソーン」「草原と小川のゾーン」「レクリエーション・ゾーン」の3つのゾーンに分けられており、住宅街の中という立地もあって、週末には多くの人々が訪れています。

 

子どもたちが遊ぶのは「レクリエーション・ゾーン」。芝生の上を走り回れる「のびのび広場」や、複合型遊具などを設置した「よちよち広場」「わんぱくの森」などがあり、ゆったりしたベンチも用意されています。

 

また、水辺ゾーンにはダルマガエルやトンボなど、水辺にくらす生き物たちのために、水田をイメージした湿性草地や池を整備。「野鳥観察所」や「かんさつの小道」などもあり、気軽に自然に親しめます。ほかにも、地下に貯めた水を風の力でくみ上げ、公園内の池に送っている風車があるなど、楽しみながら環境学習もできますよ。

 

 

ドンブラっこ 2018年秋号(vol.11)より転載

 

岡山県内には、子どもとともに楽しめる取り組みを行っている団体が
たくさんあります。今回は、英語絵本の読み聞かせを通して、子どもたち
の感性を豊かに育んでいるボランティア団体をご紹介します。

 

 

お話を聞いたのは……

MERRY BUS RIDE 倉敷 堀内 雅子さん

 

英語の響きにふれながら絵本の世界を一緒に楽しむ。

倉敷中央図書館のこどもしつと倉敷児童館で、月に1回ずつ、子どもたちに英語絵本の読み聞かせを行っています。英語の歌や手遊びも取り入れながら、集まってくれた子どもたちと一緒に、楽しみながら活動することを大切にしています。毎回来てくれる常連の子どもたちもいますよ。「MERRY BUS RIDE倉敷」として活動を始めて今年で9年目。倉敷中央図書館での読み聞かせは、今夏100回目を迎えます。予約不要、参加無料なので、ぜひ親子で気軽に遊びに来てほしいですね。図書館や児童館での活動のほか、最近、読み聞かせ講習会やハロウィンイベントなどのご依頼も増えてきました。学校や幼稚園、公民館、図書館など、ご要望に合わせて講座開催やイベント出演も可能ですので、ぜひ、上記メールアドレスまでお問い合わせください。

 

 

代表者からのメッセージ

倉敷中央図書館1階こどもしつでの読み聞かせは、毎月第1土曜16:00〜16:30、倉敷児童館での「歌と絵本でABC」は毎月第3水曜15:00から行っています。現在、一緒に活動してくれるメンバーを募集中。興味のある方は、読み聞かせの場でお気軽にお声がけくださいね。

 

 

MERRY BUS RIDE 倉敷(メリーバスライド倉敷)

主な活動内容 英語絵本の読み聞かせ、歌、手遊び

URL  http://merrybusride.blog69.fc2.com/

連絡先(メール) hooray_m@yahoo.co.jp

 

編集者の目線
お話が始まると、子どもたちは目を輝かせて絵本の前に集合。身ぶり手ぶりを交えた楽しい読み聞かせに夢中です。英語をハードルに感じさせない、躍動的なお話しぶりはさすがの一言でした!
 
 
ドンブラっこ2018年夏号 より転載
 
 
 
 

日々の生活のなかで、子どもの心は常に成長を続けています。親の何気ない言動が子どもの心に思わぬ影響を及ぼすことも。 「こんなとき、子どもにどう接すれば…?」そんなパパ&ママのお悩みに、保育園の先生におこたえいただきます!

 

うちの子は内気な性格で、お友だちをつくるのが苦手なようです。みんなが大勢で楽しく遊んでいるなか、ポツンと一人でいる様子を見ると、切ない気持ちに。これからのことを考えると不安です。

 

性質として受け止めつつ 自信をもてる遊びを見つける

 

ドンブラっこ編集部(以下編集部) 保育園で、お友だち同士で遊ぶようになるのは、いつ頃からですか。

 

梶川園長先生(以下梶川) 2〜3歳頃でしょうか。それまでは、保育士対子どもの1対1の関係や、保育士が介在した子ども同士の横のつながりですが、3歳頃になると、遊びの発達から広がっていき、子どもたちだけで遊ぶようになります。

 

編集部 そこにうまく入っていけないというお悩みですね。

 

梶川 輪の中に入りにくいお子さんについて、園では、保育士が最初の友だちとなり、好きな遊びを見つけるようにします。そして「○○ちゃんは、これが上手だよ」と周りに声を掛ける。すると、周りの子どもたちも、そのお子さんを認めるようになりますね。そして、同じ遊びが好きな子ども同士でつながるようになります。
おうちでも、保護者の方がナーバスにならず、大らかな目で見守ることが大切です。大勢のお友だちが必要なお子さんばかりではないですし、そもそもなじみのないシチュエーションに警戒心をもつのは悪いことではないですよね。「お友だちと遊んできなさい!」とプレッシャーを与えるのではなく、まずお母さんやお父さんとしっかり遊ぶ。次に、兄弟やいとこ…とスモールステップを踏むなかで、楽しさを味わい、自信をもてるようになれば、少しずつお友だちの輪にも入っていけるのではないでしょうか。

 

明るくのびのびとした
子どもらしい子どもを育てる

 

編集部 園の方針を教えてください。

 

梶川 子どもたちには、笑顔で伸びやかに自分を発揮してほしい。そのために、職員と保護者が子育て仲間として、子どもたちに共感的・受容的に接することが大切だと考えています。また、子どもたちが心から楽しむために、「発達」を踏まえた遊びを用意しています。「ちょっと難しいけど頑張ったらできた」という達成感を味わう経験も大切にしていて、その子の自信ややる気、粘り強さを育みます。運動会に向けて、その子にあった目標を自分で設定し、保護者や友だちに励まされたりしながら鉄棒や跳び箱に挑戦しているのもそのためです。

編集部 取り組みを教えてください。

 

梶川 近年、人と関わる力や感情コントロール力などの非認知的能力が重要視されています。そういった力を育むために「協同的な遊び」に注力しています。例えば5歳児クラスの自由遊びから始まったピタゴラ装置作りが発展し、クラスみんなで数週間かけて巨大なコースを作ったことがありました。試行錯誤を繰り返し、ついにビー玉がコースを完走した時には全員から大歓声が。保育者も、5歳児でここまでできるのかと、感動すら覚えたものです。縁あって出会った子どもたち。当園で何か一つでも夢中になれる経験をし、将来にわたって役立つ宝物を携えて巣立ってもらえたら、と思っています。

 

 

ドンブラっこ2018年夏号 より転載

 

<おしえて、子どもの心の育て方〜倉敷市私立保育園の先生からアドバイス一覧>

 

 

 

どんな親も、我が子が集団生活を送りやすい幼稚園に入園させてあげたい気持ちは一緒。

ここでは、子どもを育むためにより特化した取り組みを持つ園をご紹介します。

 

のびのびと過ごせる環境で

たくましさと豊かな感性、社会性を育む。

 

土に触れ、虫たちを探し…

実体験の場をつくって

自然への感謝と喜びを。

 

 園内には、子どもたちが自然とふれ合える環境を整えています。「子ども農園」では、野菜を育てており、収穫した野菜でカレーやお味噌汁を作ってみんなで食べたり、給食の食材に使ったり。自分たちが育てた野菜で作ったものは、「おいしい」と言ってよく食べますよ。野菜を育てるなかで、新しい発見や収穫の喜びを感じながら豊かな感性を育んでほしいと願っています。
 そのほか、外国人の先生と日本人の先生による月に2回の英語指導を行っています。吸収力の高いこの時期に抵抗なく英語に親しんでほしいので、外国人の先生に「Hello!」と自分から話しかける姿を見ると、うれしくなりますね。また、専門講師を迎えての音楽指導や、挑戦意欲、達成感、忍耐力を身に付けてほしいとの思いから、和太鼓指導にも取り組んでいます。

 

(左)お友だちと遊びながら、人との関わり方を学びます

(右)やさしさや命の大切さなどを教えてくれる飼育動物

 

楽しく運動することで
体の機能を発達させ
強い体をつくる。

 

 暑くなるこれからの季節。体をしっかり動かして遊ぶことが体温調節機能を発達させ、熱中症に強い体をつくると考えています。当園の園庭はとても広く、園舎から遊具まで50メートル以上。園児たちが思いきり体を動かして遊べるように環境を整えています。先生と鬼ごっこをしたり、話し合ってチームを作りリレーを楽しんだり。友だちとの楽しい経験が、また今度もやってみようという意欲を育て、積極的に体を動かすことにつながります。暑さに負けないために、ご家庭では十分な睡眠とバランスのとれた食事をお願いしたいですね。幼児期の体づくりが、熱中症だけでなく、体のさまざまな機能の発達を促すとともに、心を育てていきます。

(左)広い園庭をみんなで駆け回って体力アップ

(右)図鑑を片手に園庭に出て、虫をキャッチ!

 

ドンブラっこ2018年夏号 より転載

 

<伸びる子育てどうしたらいいの?~倉敷市私立幼稚園の取組み一覧>