• お知らせ

先祖のお墓より大きなお墓を建てたらいけないの?

よく受けるご質問ですが、今迄の先祖のお墓が夫婦墓や個人墓で建ててあり、新しく同じように夫婦墓や個人墓を建てられる場合には、代々のお墓と同等の大きさが好ましいと思われます。

 

予算があるからと先祖より大きな、また華美なお墓を建てると先祖より偉いと思われたり、将来何代も続いたときに、同じものを建てようとしたときにご負担になったりすることから先祖より大きなお墓をしてはいけないといわれています。

 

ところが、新しく建てるお墓が先祖墓の場合には、先祖の夫婦墓や個人墓の大きさは関係ありません。

先祖墓は、今後代々にわたって御骨を納骨しなければならないため、ある程度大きくなければいけません。

今後何代と立替をしないお墓ですので御一考下さい。

 

 

わからない事やお悩みごとがありましたら山中石材へ!

お気軽にご相談ください。

 

山中石材

電話番号086-446-5433

  • お知らせ

お墓の石の色は決まりがあるんですか?

一般的には関東から北は黒系統、関東より西は白系統で多く建てられています。   

 

これは、昔地元で産出された石の色に起因しています。

このあたりでは黒石はよくないなどという話を聞くことがありますが、もともと地元で黒石が産出されなかったため、珍しいので言われています。

ちなみに、東北地方ではほとんど黒石でお墓を建てています。

 

仏教の基本色も赤青黄白黒の5色となっていて、黒色はいけないとか、赤色がダメとか根拠は全くありません。

現在では、世界中のいろいろな石でお墓を作れるようになって居りますのでご自由にお選びいただけます。

 

 

わからない事やお悩みごとがありましたら山中石材へ!

お気軽にご相談ください。

 

山中石材

電話番号086-446-5433

  • お知らせ

「なぜお墓を建てるのか」ご存知ですか?

人が亡くなったらお墓を建てなければならないという法律は世界中どこにもありません。

 

にもかかわらず、人類は太古の時代からお墓を作り続けてきました。

なぜでしょうか。

 

今から7万年前、ネアンデルタール人が死者に花を手向けていたことが考古学で明らかとなっています。これがお墓作りの原点ではないでしょうか。従ってお墓は慣習や習慣で建てるものではなく、人類の証とも言える死者への哀悼、追憶の心、仏教でいうところの供養の心によって建てる祈りの造形なのです。

 

わからない事やお悩みごとがありましたら山中石材へ。

お気軽にご相談ください。

 

山中石材

電話番号086-446-5433

  • お知らせ

お墓参り10ヶ条

今月はお盆がありましたね。

お盆は地域は祖先の霊を祀る(まつる)ための行事です。

お墓参りには行かれましたか?

 

お盆以外にも、こんなときにお墓参りに行ってみましょう。

 

墓参り10ヶ条

一、忌日命日(たちび)におまいり。

ニ、お盆、正月、両彼岸におまいり。

三、近くへ来たならばおまいり。

四、誘われ、命じられておまいり。

五、夢を見たらばおまいり。

六、なやみあればおまいり。

七、望み失うときおまいり。

八、苦痛はげしければおまいり。

九、楽しみ、喜びにお礼のおまいり。

十、無縁の墓におまいり。

 

 

山中石材

電話番号086-446-5433

  • お知らせ

お墓はいつ建てたら良いのでしょうか?

お墓はいつ建てたら良いのでしょうか?

 

お墓は亡くなってすぐ建てたらいけないとか、いろいろ言われますが、それは昔の土葬の時代の話で、3年位経たないと地盤沈下してお墓が傾くといったところからきています。

現在ではいつ建立されても問題ありません。

お墓は住宅を建てるのと同じで、先祖の家となります。思い立ったが吉日で建立を考えられたらよろしいのではないでしょうか。現在では、四十九日のご法要にも間に合いますし、百カ日、年忌に合わせられたり、春、秋のお彼岸やお盆に拝めるように建てられたり様々です。

また、生前に建てられる方も、数多くいらっしゃいます。

生前墓を寿陵といいまして、長生きできる縁起の良いものとされています。

 

わからない事やお悩みごとがありましたら山中石材へ。

お気軽にご相談ください。

 

山中石材

電話番号086-446-5433