ようこそ ゲスト さん

倉敷から夢、発信「倉敷人」シリーズ14 石原路子

For you with Kurashiki

大切な人から人へ受け継がれるテディベア。作り手たちの温かい愛情が、やさしい手縫いで、時間をかけて紡がれていく。

テディベア&ぬいぐるみ

 秋も一段と深まる10月末。 倉敷アイビースクエアにて、テディベア教室「メリルハウス」を開く、石原路子(作家名 メリル)さんを訪ねた。 アンティークのテディベアが、人から人へと大事に受け継がれてきたことに感動し、何十年も後世に残る作品づくりを夢に、2000年から作家活動をはじめた。 手作業でテディベアを手がけるスタイルは、もともと手作りでものをつくることが好きだったこともあり、当初から変わらない。 時間が経っても汚れにくい、モヘア(ヤギの毛)とアルパカの天然素材にこだわり、「子どもたちがつけた唾液やキズも風合いのように変えて、だれかに大切にしてもらった証にしたい」と胸を張って語る。

テディベア&ぬいぐるみ

教室の問合わせ/メリルのテディベア教室(石原路子)
倉敷市本町7-1(アイビー学館前売店二階) Tel.090-4806-6804

メリルさんのテディベアにはガラスの瞳がつけられ、頭、両手、両足の5つのパーツが動くことで、テディベアは生きると語るメリルさん。テディベアの感触は硬く、まるで本物の動物の身体を触っているように感じた。

作家活動16年を迎える現在は、倉敷だけでなく大阪、広島でも教室や展覧会を開き、活動の幅を広げている。同じ素材・作り方でも、ベアたちの表情や性格は作り手によって変わるらしく、そのため教室の参加者たちも「自分だけのテディベア」作りへ熱心に取り組む。「可愛いだけでなく、生き物へのやさしさや命の大切さなども届ける、メッセージ性のあるテディベアを手がけたい」と、次への挑戦を打ち明けてくれたメリルさん。作り手のやさしい愛情と技で生み出される可愛いテディベアたちが、だれかの手に届く日が待ち遠しく思えた。

History

テディベア教室
  • 広島県出身、現在倉敷市に在住。
  • アンティークのテディベアとの出会いをきっかけに後世に残る作品作りを夢に2000年から作家活動開始。
  • 2015年イタリアミラノ博他、多数の展示会・ギャラリーに出展。
  • 教室やワークショップなどを通じて子供から大人まで手作りの楽しさを伝える。

メリルハウス《テディベア教室》
倉敷市本町7-1(アイビー学館前売店二階)
Tel.090-4806-6804
■開講日/第4第木・日曜日(月1回)13:00~15:00

倉敷美観地区・倉敷駅周辺の飲食・雑貨店のご案内 | くらみせ