ようこそ ゲスト さん

こどものけんこうそうだんしつ ばい どんぶらっこ

子どもの健康相談室 by ドンブラっこ

  • お知らせ

子どもが病気で困ったときは「病児保育」を活用しよう

著者:
子どもの健康相談室 by ドンブラっこ
投稿:
2017年04月17日 16:04

「子どもが熱を出した! でも仕事があって休めない……」「親友の結婚式なのに子どもが病気に!」。そんなママの“困った”に緊急で対応してくれるサービスが「病児保育」です。ここではその解説と具体的な施設の紹介をします。

 

働くママの強い味方! 「病児保育」とは?

「病児保育」とは、風邪や伝染病、慢性疾患、骨折、火傷などの病気やケガのために、通園または通学できない子どもを一時的に預かり保育することを言います。そのような対応が可能な病児保育所には、いくつかのタイプがあります。

一つ目は病院や医療法人などが運営する「医療施設併設型」。

二つ目は保育園が運営している「保育所併設型」、

三つ目はNPO法人や企業などが単独で運営する「単独型」、

そして四つ目は看護師が家庭に訪問し保育をする「訪問型」です。

それぞれ保育に慣れた看護師、または病児に慣れた保育士が病児専門として対応しています。

 

早速「病児保育」を活用したい でも気になる利用条件は?

倉敷市の場合、乳幼児及び小学校低学年児までの子どもが対象(※)で、利用するには事前登録書及び利用申込書が必要になります。また、定員を超える場合や、症状が重い場合は利用できないこともあるため、当日までに実施施設へ予約をしなければなりません。

1回の利用料金は2,500円で、子どもを預ける際には保険証と印鑑、着替えやおしぼりタオル、薬、乳幼児であれば哺乳瓶やミルクなどが必要になります。施設によっては、これら以外にも必要なものがあるので、利用したいと考える施設にあらかじめ確認しておくことをおすすめします。利用期間は、概ね月曜から土曜までで、8時半から17時半までです。

(※)平成29年4月より~小学校6年生まで

 

回復したけど元気がない… そんな時は「病後児保育」も!

病気中の子どもを預かる「病児保育」とは別に、病気から回復期にある子どもを預かる「病後児保育」もあります。熱は下がったが子どもに元気がないなど、まだ体調が万全ではない時、「病児保育」と同様に看護師や保育士などが対応に当たります。

利用料、対象児童は「病児保育」と同じです。倉敷市には「病児保育所はしま」「あさき病児保育室」「ももっ子病児保育ルーム」「玉島病院病児保育室」などの「医療施設併設型」病児保育所があり、病児保育、病後児保育を行っています。

倉敷で病児保育を実施している施設

あさき病児保育室(医療法人あさき小児科)

病院に「病児保育室」が併設され、「仕事があるので子どもの看病ができない」という親に代わって子どもを看てくれます。子どもの病気予防はもちろん、罹ってしまった時にどうするのかという対処も大切です。その点、「病児保育室」には看護師と保育士がいるので、子どもの病状が変化した時にもすぐに対応が可能。安心して子どもを預けることができます。

〈DATA〉倉敷市水島南幸町1-9 TEL.086-446-1110

[利用日時]月~土曜 8:00~17:30

【定員8名】

ももっ子病児保育ルーム(医療法人恵和会 田嶋内科)

地元密着型の医療機関を目指し、働くパパ・ママを応援する「病児保育」に積極的に取り組んでいます。家の急用や冠婚葬祭でも子どもを預けることができ、年間約1,600名に利用されています(2015年実績)。子どもの病気の変化に気づけるように、施設内には保育士や看護師が常駐。「子育てに不安があるけど誰も頼れない!」という場合の強い味方です。

〈DATA〉倉敷市柳田町862 TEL.086-474-3310

[利用日時]月~土曜 8:30~17:30

定員8名】

病児保育所はしま(羽島こども診療所)

2000年から「病児保育所」を併設し、働くママたちのサポートを行っています。施設内に定点カメラを設置して異変がないかどうかを定期的に確認したり、名前を間違わないように子どもの体に名札を付けて薬の飲み間違いを防止したりと、安全管理が徹底されています。「子どもが病気になっても仕事を休めない」という時は、電話で相談してみましょう。

〈DATA〉倉敷市羽島199-1 TEL.086-426-5037

[利用日時]月~金曜 8:30~17:30(土曜は~12:30)

定員6名】

玉島病院病児保育室(公益財団法人弘仁会 玉島病院)

玉島地域で初めて設けられた「病児保育室」があり、年間約600人の子どもに利用されています。利用前には必ず診察が行われ、症状を見極めた上で受け入れが実施されます。施設には保育士2人が常駐しているため、子どもの病状が急変した時にも素早い連携が可能です。

病児保育に不安や心配があれば、まずはお試しとして半日利用してみてはいかがでしょうか。

〈DATA〉倉敷市玉島乙島4030 TEL.086-522-4141

[利用日時]月~土曜 8:30~17:30

【定員4名】

■監修:倉敷市保育・幼稚園課

ドンブラっこ 2017年春号(vol.5)より転載