• お知らせ

*石の小物たち*お盆休みのお知らせ*

皆さんは「石で出来た物」と言われるとどんな物を想像しますか?

 

石の置物があるのをご存知でしょうか?

 

置物と言われると大きい物を想像するかもしれませんが

石で出来た小物があるんですようれしい顔

縁起物のふくろうですうれしい顔

人気です★

愛嬌があってとても可愛いです。

 

*豆知識

「何故ふくろうは縁起が良いと言われているのか?」

■1つ目:「不苦労」「福朗」との語呂合わせ。
■2つ目:ローマ神話の知恵と工芸の女神「ミネルヴァ」の使いが

      ふくろうとされており欧米ではふくろうは英知の象徴とされています。
             ちなみに旧首相官邸外壁にもふくろうが彫られているんですよ。

 

一角に小物コーナーがあります☆

小物コーナーには他にも色々種類があるので是非見てみて下さいうれしい顔

 

〜お盆休みのお知らせ〜

8月11日(金)〜17日(木)の期間、お休み致します。

期間中ご用の方は、お電話を入れて頂くと対応いたします。

※時間帯によって、対応できない場合がございますのでご了承下さい。

 

 

稲田石材加工店

☎086-429-1425

  • お知らせ

墓石のクリーニングとは?

当社では、墓石の移転やリフォーム時に、クリーニングをお勧めしています。

理由は簡単!

解体した時の方が、隅々まで簡単にクリーニングできるからですうれしい顔

 

 それでは実践!

クリーニング前です。

コケがかなり付いているのがわかりますね~。

ここまでくると、市販の薬品ではなかなか難しくなってきます。

 

専用の薬品を散布し、歯ブラシなどの傷のつきにくい物でこすっていきます。

 

クリーニング後です!

コケが綺麗にとれました!

画像にはありませんが、水垢も別の薬品を使用してとっています。

 

ちなみにこのお墓は、昭和9年に建てられた80年前のお墓でした。

80年前の姿が現れて、その年代の事を想像してしまいましたほっとした顔

 

お見積り、ご相談無料です。

お気軽にご連絡下さいうれしい顔

 

稲田石材加工店

☎086-429-1425

  • お知らせ

墓石の価格 ③加工の場所

今回は、加工の場所での価格の違いについてお話します。

 

現在墓石は、

日本での国内(自社)加工

海外(主に中国)での加工 があります。

その2つのメリットについて説明致します。

 

○自社加工のメリット 

・加工工程が見れる。(当社ではお客様の墓石を加工しているところを見て頂けます。)

・加工が丁寧。(日頃から加工している職人が作る為、仕上がりが綺麗です。)

・磨きが違う。(磨きが丁寧な事で、見た目も艶持ちも違います。)

・こだわりがある。(物ではなく、ご先祖様の家を作っています。)

 

○中国加工のメリット 

・価格が安い。(中国も大分値上がってきましたが、細工物はまだまだ安いです。)

・石種が多い。(世界各国の石を取り揃えている為、色々な石種の提案ができます。)

 

つまり、価格は中国加工の方が安いが、国内加工の方が仕事が良い。

という事になります。

墓石は何度も買い替える物ではありません。

子供の代、孫の代、その先の代まで考えて選んで頂ければありがたいです。

 

ちなみに、日本の石も中国で加工されています。

日本の石だから日本で作られているとは限りません。

 

 

稲田石材加工店

☎086-429-1425

  • お知らせ

墓石の価格 ②石材の種類

 

今回は石材の種類についてご説明します。

 

墓石に使われる石材の種類は数えきれないほどある為、

岡山県でよく使われている石種に限らせて頂きます。

 

まず大きく分けて、日本産の石と外国産の石があります。

 

日本産の石でよく使われるのが、

庵治石 大島石 青木石 北木石 万成石 などです。

 

外国産の石では、

SPI(ポルトガル) アーバングレー(インド) K○○(中国) AG○○(中国)

G○○(中国) など、他にもかなりの数の石種があります。

 

さらにこの種類の中にもランク分けされており、同じ石だからといって価格は同じではありません。

大島石で例えると、高い物では色が濃く、石目も揃っていて、石目も細かい物。

安い物では色が白く、石目がまばらで、石目が荒く、薬品を使われている物。

その価格差は、なんと2倍近く違ってきたりします。

誤解を招かない為にも、石屋さんとしっかり話をする事をお勧めします!

 

稲田石材加工店

☎086-429-1425

 

  • お知らせ

墓石の価格 ①石材の量

墓石の価格は、一般的に

①石材の量

②石材の種類

③加工の場所

④墓石の形状

で変わってきます。

 

今回は①石材の量についてご説明します。

墓石に使う石材の量は、(才)という単位を使われています。

1才=幅1尺×奥行1尺×高さ1尺です。 (1尺=10寸=303㎜)

 

岡山の一般的な和型の墓石は、

尺角(棹石の幅が1尺のもの)のお墓は大体23才前後。

9寸角のお墓は20才前後になります。

この数字は一般的な数字ですので、9寸角のお墓でも20才を大きく超える墓石もあれば、

15才程度でできる墓石もあります。

当然、才数の多い墓石ほど価格は上がっていきます。

 

次回は石材の種類について、ご説明致します。

 

稲田石材加工店

☎086-429-1425