• お知らせ

テーマ「食べる」

 

「自分でしたい」を応援!

収穫祭のある秋は美味しいものがゴロゴロしていますね! 

私にはたまらない「さつま芋」に「栗」…。お家の方の腕の見せ所ですね。

小さなお子様が食べにくそうなときは、さりげないお手伝いで「全部自分で出来た!」という達成感が大切です。きっと、笑顔満開ですよ♥︎

ちょっぴり大きくなったお子様には、時間があれば食事の前に短い絵本を見て、楽しさや興味をそのまま食事につなげてみるのも、意欲につながります。

「食べる」ことは、大きくなるために必要な栄養を摂るだけが目的ではないんですね。

 

 

おいしいな

作:きむらゆういち

小学館:¥702

 

繰り返し遊べる丈夫な絵本です。ページが丈夫でスライド式です。

「ぱくぱく」「もぐもぐ」の言い方に変化を付けると楽しいです。

 

 

ぜったいぜったいたべないからね!

作:ローレン・チャイルド

大日本絵画:¥2808

 

好き嫌いがと〜っても激しい妹に、優しいお兄ちゃんが、

あの手この手を使って食べさせようと奮闘します。

面白い発想が満載です。

 

 

ぱんぱんパンのまあるまる

作:ひろかわさえこ

教育画劇:¥1026

 

子ども王様は、パンが大好き。朝・昼・おやつに夜もパン。

でも「突然」、パンが食べたくなくなっちゃった…。どうしてなの?

 

 

本子育てママへ

読み聞かせなんて難しそう…って思われる方も多いと思いますが、実は、普段子どもに語りかけるのと一緒です。

特に「しかけ絵本」を使うと、自然に楽しく読めますから、最初はかいつまんでページをめくり、興味がわき出したら内容を読むようにすれば負担も少ないですよ。

 

 

ドンブラっこ 2016年秋号(vol.3)より転載

 

もっちゃんのわくわく絵本の森 コンテンツ一覧へ戻る